交通事故の後遺障害


万が一交通事故の被害者となってしまった場合、そのような事態に初めて遭われる方にとってはきっと想像しているよりも多くのやらなければならない、知っておかなければならないことに驚くかもしれません。もちろん一番重要なのは被害者となってしまった方の安否であり、健康状態ですが、もしも交通事故で怪我を負ってしまった場合は、知っておくべき知識がたくさんあります。

まず、交通事故が原因で負った怪我のうち、ある一定期間の入院や通院をしても治らなかったものに関して、それを広く後遺症と呼びます。その後遺症のなかでも特に重要なのが後遺障害と呼ばれるものです。後遺障害とは後遺障害認定された、後遺障害等級により分けられるものを指し、これは保険金などの金額決定においてとても重要な役割を果たすものです。担当の医師の診断書などにより認定がされますが、等級は細かく分かれており、この等級によっても保険金の金額が大きく変わるため、被害者が本来もらえるはずの妥当な保険金等をきちんともらえるかどうかという部分に関わってくるので正しい申請が不可欠となってきます。

後遺障害には疼痛性感覚異常や外貌醜状、むち打ち、高次脳機能障害、低髄液圧症候群、上肢機能障害、下肢機能障害などの種類があります。これらのどれに被害者の症状があてはまるのかというのも認定を受ける上で大切なポイントとなってきます。当サイトでは後遺障害、その中でも特に疼痛性感覚異常について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。