疼痛性感覚異常とは

交通事故により開放骨折などの受傷をしてしまい、手術やギブスによる固定治療を終えた段階にもかかわらず、腫れが引かず、皮膚の色が正常でなかったり、ひどい痛みや痺れに慢性的に悩まされたりといった症状が続く場合CRSPであることが疑われます。CRSPとは複合性局所疼痛症候群のことで、症候群の名が示すとおり、CRSPは総称となります。交感神経の関与の有無に応じ、神経損傷を伴わないRSDと神経損傷を伴うカウザルギーに分類されます。いずれも神経因性の疼痛を生じさせるものであり、発症する部位は手や足がほとんどであり、体感や顔への発症は少ないです。

症状としては激しい灼熱痛や疼痛、炎症などが原因で腫れ上がる腫脹、関節拘縮、皮膚色の変化、皮膚温の低下、乾燥などの皮膚の変化があります。この疼痛、腫脹、関節拘縮、皮膚変化の4つの症状が健側と較べて認められる場合、CRSPである可能性があります。交通事故の受傷から時間が経過し、治癒やリハビリの段階の時期に発症することが多いというのも特徴のひとつです。CRSPは診断や治療が医師であってもその判断は困難であることが多く、ときには見過ごされてしまうケースもあります。また、後遺障害認定についても立証が難しい病気であるとされています。

 

疼痛の後遺障害特級

CRSPは医師でも診断が難しい病気です。診断、治療が難しく場合によっては診断が見過ごされてしまうこともあります。もしCRSPと思われるような症状が現れた場合、専門医を受診して早期診断、早期治療を心がける姿勢が大切です。加害者側の保険会社としてはCRSPについて、心因的な素因があるとして賠償金の素因減額を主張してくるケースが多いです。しかしこれには応じる必要はありません。CRSPは痛みによるつらい症状や機能障害が長く続くものですので、心因反応を生じることもありますが、あくまで心の病気では無く、心の病が原因で痛みや機能障害が起きているわけではないのです。

疼痛性感覚異常の後遺障害等級については、神経系統の機能、または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないものについては第7級4号が対象、神経系統の機能または、精神に障害を残し、復することができる労務が相当な程度に制限されるものは第9級10号、局部に頑固な神経症状を残すものについては第12級13号、局部に神経症状を残すものについては第14級9号が対象となっています。CRPSが認められた場合、その症状の部位や程度、持続時間、症状の原因となる他覚所見の有無などから総合的な考慮がなされ後遺障害第7級から第14級が認められる余地があります。

いつ被害者になるかも分かりませんし、知識は多いに越したことはありません。疼痛性感覚異常も含めて交通事故による後遺障害等級について紹介している法律事務所や情報サイトは多数あります。参考にしてみてください。

交通事故の後遺障害

万が一交通事故の被害者となってしまった場合、そのような事態に初めて遭われる方にとってはきっと想像しているよりも多くのやらなければならない、知っておかなければならないことに驚くかもしれません。もちろん一番重要なのは被害者となってしまった方の安否であり、健康状態ですが、もしも交通事故で怪我を負ってしまった場合は、知っておくべき知識がたくさんあります。

まず、交通事故が原因で負った怪我のうち、ある一定期間の入院や通院をしても治らなかったものに関して、それを広く後遺症と呼びます。その後遺症のなかでも特に重要なのが後遺障害と呼ばれるものです。後遺障害とは後遺障害認定された、後遺障害等級により分けられるものを指し、これは保険金などの金額決定においてとても重要な役割を果たすものです。担当の医師の診断書などにより認定がされますが、等級は細かく分かれており、この等級によっても保険金の金額が大きく変わるため、被害者が本来もらえるはずの妥当な保険金等をきちんともらえるかどうかという部分に関わってくるので正しい申請が不可欠となってきます。

後遺障害には疼痛性感覚異常や外貌醜状、むち打ち、高次脳機能障害、低髄液圧症候群、上肢機能障害、下肢機能障害などの種類があります。これらのどれに被害者の症状があてはまるのかというのも認定を受ける上で大切なポイントとなってきます。当サイトでは後遺障害、その中でも特に疼痛性感覚異常について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。